2008年05月22日

無料で本を出すための便利ページ

作家を目指す方へのちょっとだけ便利ページ
最近、ライトノベルや携帯小説の隆盛もあり、小説を書き始めた方が多いようです。
また、小説以外でも、ビジネス書、専門書、エッセイ、写真集や画集など、様々な分野で新人作家の方々が本を出せるようになってきました。
かくいう私も、(別名で)商業出版デビューを果たし、2冊の自著を上梓する機会に恵まれたサラリーマンの一人です。
私自身がそうでしたが、現在では作成した原稿や企画書を、出版社を尋ね歩いて売り込む必要は無く、インターネットを利用すれば様々なチャンスがあります。
ブログで認められた人、メルマガで機会を得た人、以下に紹介するような商業出版への足がかりを提供しているサイトへの投稿でチャンスを掴んだ人など様々です。
今後もインターネットと商業出版の関係は深まっていくことでしょう。
ここでは、自費出版ではなく、商業出版を目指す方々のために、デビューするのに役立つサイトの紹介と、参考書籍の紹介をしました。
ただ、デビューに役立つサイトには条件を付けてあります。その条件とは、
  • 自費出版ではないこと。自費出版は、本が売れなくても出版社は儲かるように、はじめから執筆者に全ての費用と利益を負担させているビジネスモデルです。特に悪質なのは、共同出版という名の、自費出版で、相場を知らない素人を相手に、共同負担と持ちかけておきながら、完全な自費出版の場合が多いようで、最近はその手の告発も増えてきました。
  • 賞ではないこと。各種文学賞は、今更ここで紹介するまでもなくすでに登竜門として有名過ぎ、その割には特定の作風や分野に限られているという狭き門であるためです。
  • インターネットを利用しており、執筆者に費用負担の無い新しい新人発掘モデルであること。

それではまず、サイト紹介です。

■でじたる書房
分野を問わず、まず執筆者が自分で価格を決めてデジタル書籍を販売します。その中から、選ばれた作品が多くの出版社に紹介され、採用されれば商業出版にシフトする仕組みです。

■企画のたまご屋さん
でじたる書房とは業務提携もありますが、元々はこちらが独自で新人作家発掘を行っていたところに、でじたる書房が業務提携したといういきさつがあります。勿論企画のたまご屋さんは、現在も独自で新人作家発掘を行っております。

■電脳浮遊都市 アルファポリス
ネット上での投票形式により出版かを決めるサイトです。単なるランキングだけではなく、出資者が多ければ商業出版されるという独自の仕組みも持っております。こちらはほとんどの出版分野をカバーしておりますので、すでに原稿をお持ちの方でも、ジャンルが選べます。


次に、コンテストや自費出版ではなく、常時商業出版の原稿を広く一般から募集している出版社のリンク集です。(一部自費出版を勧める可能性があるとしている出版社もありますので、ご注意下さい。)
但し、ここでのリンク掲載後、募集を中止していたりするかもしれませんのでご了承ください。
また、出版社ごとに、受け付けている分野(ビジネス書、文芸書など)が異なりますので、募集要項を良くお読みの上応募してください。

株式会社すばる舎
あさ出版
株式会社ファーストプレス
株式会社彩図社
ビジパブ
株式会社テクスト
有限会社アスカ・エフ・プロダクツ
株式会社現代書林
株式会社アーク出版
三一書房
株式会社イーハトーヴフロンティア


商業出版を目指す方へのお勧め本です。
出版で夢をつかむ方法
「本を出したことで人生が急速に変わり始めました」----本田健氏との対談より 本を出せば、ビジネスが広がる! 企画書の書き方や出版社へのアプローチ方法まで出版への道を実践的に紹介する。 採用されやすい企画書例、サンプル原稿も掲載! 山田真哉氏、鳥居祐一氏、臼井由妃氏ら、ベストセラー著者が語る出版デビュー秘話も見逃せない。
「ビジネス書」を書いて出版する法―あなたのビジネス経験とノウハウを商業出版しよう! (DO BOOKS)
本書で公開する「出版社への売り込みのコツ」さえ心得ておけば、原稿が採用される確率は大幅にアップすることは確実。これまで、持ち込み原稿が採用されなかった原因を徹追分析し、編集者から「ぜひ、あなたの原稿を出版させてください」と言わせるテクニックを教える。
ビジネスマンのための40歳からの本を書く技術
勉強法や読書法の本を読んで、いかに効率的に本を読んで情報を獲得するか、 そして、そのための時間をいかにして確保・捻出していくかという「インプット」の技術を学んでいる人は多いことだろう。 しかし、次に必要になるのは、そのようにして新たに獲得した知識や情報をもとに形成した自分の意見や知見を、 どのようにして外部に発信していくかという、「アウトプット」の技術だ。 本書は、どのようにしたら自分の考えや研究成果を、 最終的に商業出版というかたちで社会に還元し発信することができるかという、具体的な知的アウトプットの方法を解説する。 現役のビジネスマンとして働きながら、これまでに7冊の著書を、自費出版ではなく、 名の通った出版社から出してきた著者が、その経緯や秘訣について余すところなく公開している。
普通の人が本を書いて怖いくらい儲かる秘術
これから本を書きたいアナタと、本を出したけど売れなかったアナタへ!「本を書けば人生が変わる!」みんな最初は無名の新人でした。ところが、本を書くことで、有名になり、成功して、お金持ちになりました。だれでも本を書けば、奇跡が起こるのです。それが、ベストセラーになればこたえられません。
本を書くhito・honを出す人―みんなはじめは新人だった!!
作家、エッセイスト、絵本作家、ライター…12名の著者インタビュー。本の出し方は、実にさまざま。最初の1冊をどうやって出したのか、「はじめての1冊ものがたり」をお届けします。
しろうとでも一冊本が出せる24の方法 (祥伝社黄金文庫)
2週間で小説を書く! (幻冬舎新書)
小説は誰にでも書ける!天才である必要はない。誰にでも「才能」は眠っている。それをどうやって引き出すか。それには、独自の経験や感性を引き出す具体的な方法が必要だ。小説の楽しみと深さを知り尽くした文芸評論家が、誰もが「才能」を引き出せるように14の画期的で実践的なプログラムを考案。2週間、1日ひとつずつ実行していったら、文章力、想像力、構想力が格段にアップし、確実に小説を書くことができるようになる。
あなたにもできる「売れる本」の書き方―印税で稼ぐための31の法則
ベストセラー作家だって夢じゃない! ビジネス書や実用書の出版を目指す人のために、実践に役立つテクニックを解説。著者の出版経験をもとに、出版企画書の作り方から出版社へのアプローチの仕方に至るまでていねいに伝授。
新・いますぐ本を書こう!
50冊以上の本を書いてきたハイブロー武蔵が、 知的に豊かな人生を送りたい、すべての人に お贈りする応援歌! 本を書くことで、文章を書くことで自らの人生を 作ってきたハイブロー武蔵の自己実現のための 実践的指南書。 自己実現のための読書術から、読まれる価値の ある文章の作り方、文章の磨き方、何を書くのか、 本の書き方までを網羅した、文章のプロになりたい方 のための指針が満載です。 ※本書は『いますぐ本を書こう!』の内容を大幅に加筆・修正したものです。
ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)
どんな本が売れるのか?超ベストセラー作家が、自作をはじめ、さまざまな例をひきながら、成功の秘密を説き明かす。何百万もの読者に支持される人気作家ならではの、それ自体が一つのエンターテインメントとなるように計算された好読み物!巻末に読書ガイド「読んで読んで読みまくれ」添付。
週末作家入門 まず「仕事」を書いてみよう (講談社現代新書)
働きながら本を書きたい人の夢を叶える本。司馬遼太郎もアインシュタインも最初は「二足のワラジ」をはいていた。自分の何を、どう書けばプロに評価されるかを戦略的に指導し、貴方の背中をポンと押します
プロ作家養成塾―小説の書き方すべて教えます (ベスト新書)
売れっ子作家であり、作家養成講座のカリスマ講師が著わす小説家デビューの手練手管。出版社対策から、文章指南まで実践的なテクニックはもちろん、現役作家のみが知りうる裏ワザも満載。まさに、本気で作家になりたい人々へ絶好の手引書である。
小説を書きたい人の本―好奇心、観察力、感性があれば、小説は書ける!
カルチャーセンター小説教室担当者が小説を書く上での基本を指南。陥りがちなポイントを実例を挙げてわかりやすく分析する。書く前の心構え、テクニックを含めた創作のポイント、各種新人文学賞に応募する際の諸注意など。
posted by しげぞう at 11:58| Comment(0) | TrackBack(444) | 無料で作家デビューを果たす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。